建築屋kateiの設計

建築屋kateiでは、「愛着を持って暮らせる、楽しく快適で長持ちのする住まい」を提供するため、最新知識と豊富な経験を活用し、丁寧に一棟一棟設計いたします。
高品質な住まいを、幅広い世代の方々へ手の届く価格帯で提供することを目指しています。

具体的にどんな家?

形はコストや耐震、温熱、耐久性を考えて、できる限りシンプルな形状にしています。
そこへ、住まい手の希望する暮らしを反映します。要所で大工などの職人技を生かした造作を取り入れます。さらに、住まい手にもセルフビルドを積極的に活用頂きます。そうする事でコストを抑えつつ、質の高いオンリーワンな住まいを実現します。(セルフビルドは希望する方のみです。)

居場所を考えるプランニング

当社の住宅設計は、広すぎずコンパクトでありながら、質の高い住まいになるように心掛けています。シンプルな建物の形状の中に、居心地の良い場所をつくったり、見晴らしの良い場所をつくったり、楽しめる場所をつくったりします。また、設計者自身も住みたいっ!そんな羨ましくなるような住まいができるように設計します。

ライフスタイルを考える

プランニングをする中で、ご家族それぞれのライフスタイルを想定するようにしています。例えば、スポーツや手芸、ヨガ、キャンプなどの趣味があったり、将来こんな事をしてみたいなど。また、洗濯などの家事の手順やどこにどんな大きさの物を収納するかなど、しっかりと聞き取りをさせて頂き、プランニングに反映していきます。

家+庭の提案

家には、少しでも庭があると暮らしが豊かになると考えております。家族や友人と楽しく遊ぶ庭や、外を眺めた時に癒しを与えてくれる庭も良いでしょう。季節の移り変わりを感じたり、家族のコミュニケーションを生むきっかけにもなってくれると思います。

オーダーメイドを提案する

造作家具という言葉があります。これは家族のぴったりサイズを一から生み出し、手づくりするという事です。建築屋kateiでは社員大工の技術力と、自社の作業場や工具を活用し、できるだけ安く素材感も良いモノを積極的に提案しております。一緒に参加してつくってみたい場合や、こんなものが欲しいなど、お気軽にご相談下さい。

快適性の提案

住まいにおいての「快適性」とは、主に室内の「快適な温熱環境」と言い換えることができると思います。温熱とは簡単に言うと暑い・寒いなどのことを指します。
建築屋kateiでは温熱に関する6大要素のポイントから理解し、住まいづくりに役立てています。

快適性の6大要素について詳しくはこちら

耐震性の提案

弊社の住宅は、木造在来工法を用いた伝統的な建築技術を採用しています。
壁面が一体となり、耐力面材を使用することで、外部からの衝撃を分散し、耐震性を高めています。
また、日本で地震が頻繁に発生することを考慮し、全棟構造計算(許容応力度計算)を実施し、耐震等級3(最高等級)を満たす住宅をご提供しています。
さらに、ご要望があれば、別途制震ダンパー設備をオプションでご提案することもできます。