BLOGブログ

BLOGブログ

7

住まい方は? 新築住宅の土地選び(建築屋の家づくり編)

こんにちは。建築屋kateiの朝倉です。

住宅を検討する上で皆さんはどんな住まい方の選択肢を考えますか。
色々と住まい方の選択肢はあるかと思います。

例えば以下のような感じ↓

  1. 建売分譲
  2. 土地付き中古物件をリノベーション
  3. 土地を探して注文住宅
  4. 親族等の土地を譲り受けて新築住宅
  5. そもそも分譲マンションや賃貸住宅など

色々な選択肢がありますよね〜(・_・;
皆さんはどんな暮らし方が理想でしょうか?

ここでやはり問題になってくるのがやっぱりコストですよね!

注文住宅はやはり値が張ります。
でもこだわったお家を建てたい、ゆったりとお庭で暮らしを楽しみたいなどの理想を叶えてくれるのは注文住宅ですよね。

新築のケースですとコストについても土地+建物で考えなければなりません。

土地所有の有無
これは大きな問題です。
親族などで余った土地や、空いた土地がある方は非常にラッキーです。
ただどんな場所でも良いって訳ではありませんよね。
自分のライフスタイルや、その土地の立地条件や将来性、防災性を無視するわけにも行きません。

これは私自身の実例ですが、自宅を建設する際に土地を決定する上で大切にした事をご紹介致します。
こんな感じです。↓

  1. 田舎に住む事
  2. 土地の創作性
  3. 建築条件でコスト増がないか
  4. 災害への安全性

これらを満たす土地を探したわけです。

①は田舎のような静かな場所に住みたいという私個人の見解です。
田舎って電車やバスといった便利な交通手段は無くなってしまいます。
不便ですよね〜。笑

でもマイホーム建設にあたっては田舎で育った影響もあってか普段静かで土地で畑をしたり、外で気兼ねなくバーベキューをしたりというようなのんびり過ごす事が理想的でした。
私がキャンプが趣味なのも影響しているかもです。。
でもこういう趣味とか自分の好きな事が暮らしの中で実現できるのかって結構長い人生の上で大切だと思うんですよね〜

皆さんはどう思いますか?

②は土地の創作性です。
これは設計者的な考えになりますが、やはり何もない平坦な土地よりも何か特徴があり住宅を建てるのに面白みがある土地の方が理想的でした。
分譲地などの整地された土地が良くないってわけでは決してありませんからね。
個人の見解です。

③は②の内容とも若干関係があります。
創作性が豊かな土地条件がゆえに建物を建てるために大掛かりな造成工事が必要になってしまったり、水道等が近くになくて大掛かりな工事が必要になってしまったりと余計に費用負担が大きくならないかも考慮する必要がありました。

④は言うまでも無く安全性ですね。
主にこちらは防災マップ等も参考に判断をすることになります。
検討している土地がありましたら必ずチェックして下さいね^^;

私の場合、以上を決定の大きな条件とし土地探しをすすめました。

しかし中々うまくいきません。
田舎で土地を探すためそもそも土地情報が少なく中々いい土地に出会えなかったです。(-。-;

諦め掛けていたのですが、祖母の畑の一部に一筋の希望の光が。。。
正直親族の土地に可能性があるとは私自身も考えておりませんでした。
親族の協力もあり、何とか無事に建設できる手筈となりました。

その土地がコチラ。

写真にもわかるように大木が1本生えておりその周りには夏みかんやスダチなどの樹木もあり、土地の特性を活かした設計計画ができると思いとても理想的でした。

この時点で先ほどの①と②に関してクリアになります。
また③に関しても若干水道本管の延長が必要なことが予想できましたがそこまで大きな負担ではなかった為クリアです。
④に関しても地震、水害、土砂崩れに強い場所だったので問題はありませんでした。

①〜④の最低条件を無事にクリアし、また何より土地購入という大きなコストを最大限少なくすることができた為非常に助かりました。

注文住宅を建てるのであれば土地の有無、改めて大切だと感じました。

皆さんも色々な思いがあり土地探しをされると思います。

しっかり優先順位を決定してかつなるべく検討段階の初期から建築のプロに相談をして良い土地に巡り合うことが大切だと思います。
またもし親族等で土地を持ってみえるのであれば、やはりコスト面でも非常に有利な為まずはそういったあたりから検討をされるのが良いかもしれません。
その場合、どんな土地でも建物が建てられるわけではなく専門的には土地用途によって農地転用申請、建築許可申請といったクリアしなければいけない条件が発生するケースがほとんどな為こちらも合わせて専門家に相談をおすすめ致します。

弊社でも土地探しの段階からのご相談を受け付けておりますのでお気軽お問合せいただければと思います。
ご覧頂きありがとうございました。^^

LATEST NEWS

新着のお知らせ

PAGE TOP