2022年8月13日

端材のヒノキを加工して薪置き作ってみた

こんにちは。建築屋kateiの朝倉です。

今回ご紹介するのは、端材を有効活用した薪置きを作った際の様子をご紹介です。

建築屋をやっていますと少なからず木材の端材が発生します。

それはそのままですと廃棄木材になってしまうのですが、木ですのできっと何かに使えると思い、そうSDGsです!!。笑

弊社も意識してます。

時代に置いて行かれないようにしなければ。。。真面目に考えてます。

決して私がキャンプが好きで自分の為に作ったわけじゃないですよー^^;笑

冒頭の写真はすでに加工が完了している写真。

今回の端材はヒノキを使ってます。

弊社の大工に頼んでちょちょっと溝を掘ってもらいました。

その後は私の仕事。

一生懸命紙やすりでゴシゴシして滑らかにします。

いい感じにツルツルですかね。

続いては木用ニスを塗装します。

質感や艶も大切ですからね、一手間かけるといい感じになります。

塗装したら干してます。

しっかり乾けば完成です。

複雑な構造は大変ですからねー。

シンプルイズベスト。

キャンプあるあるです。

そしてしばらく乾かして完成した様子がこちら

どうでしょうか?

ついでに薪も端材を利用して乗せてみました。

うん、雰囲気も出ていい感じです。

今後もこういった端材木材の活用に取り組んでいきたいと思います。