2022年8月3日

外部の面材耐力壁施工の際に気密性も一緒に向上するポイントは?

こんにちは。建築屋kateiの朝倉です。

今回は外部に施工している面材耐力壁の施工の際のちょっとした工夫をご紹介いたします。

冒頭の写真は建物の柱の外側に面材耐力壁(今回使用:商品名ダイライト)を施工している様子です。

ダイケンさんという業界人であれば知らない人はいないメーカーさんの商品になります。

このムキムキポーズ💪の絵が書いてある板を家の周りに貼ることによって、建物ががっしりと固まり地震や台風に強くなるわけです。

そしてこの板を貼る際にちょっとした工夫があります。

こちらの写真はダイライトを貼る直前の状態なのですが、何やら柱のところに黒いテープのようなものが貼ってあるのがお分かりになるかと思います。

これはボードパッキン材と言って、面材耐力壁と柱の間に挟み込みサンドイッチします。

スポンジのようになっておりこの材料が面材耐力壁と柱の間の隙間を埋めてくれます。

これを家全体に施す事によって耐震性の向上と家の壁全体の気密性も一緒に向上させる事ができるという一石二鳥の仕組みなのです。

それなりに手間は増えるのですが、サンドイッチをすることで経年の気密劣化の対策にもつながると考えております。

面材の継ぎ目同士を気密テープ処理をしても同様の効果が期待できますが、テープは将来的に剥がれないとは言い切れませんので弊社ではパッキン施工を推奨しております。

こうしたポイントもお家が完成してからは見えませんからね〜。

あえて紹介させて頂きました。

ではまた次回も宜しくお願い致します。